松阪牛は丹念に育てられているからこそ、美味しくて柔らかい

松阪牛と聞けば、口の中でとろけるような食感をイメージする方も多いと思いますが、この松阪牛の柔らかさはどうしてでるのでしょうか?

牛肉は脂の霜降りが程よく入っていることで柔らかい食感となりますが、松阪牛の場合はこの霜降りが体の様々な部位にまで回っていることが特徴です。

この様に体全体に程よく霜降りがあるのはその飼育方法に関係あります。

一般の人でも良く知られているのが、松阪牛はビールを飲ませているという飼育方法ですよね。

松阪牛はビールを飲ませて食欲を増進させていたり、血行促進の為にマッサージをして飼育するなど、大切に丹念に育てられているからこそ、美味しくて柔らかい松阪牛となります。

松阪牛の中でももっとも柔らかい部位がヒレ、そしてきめ細かい上質なサーロインは最高部位といわれています。

ロースも風味が良くて人気がある部位です。

松阪牛についてもっと知りたい方は、「http://www.doctorbutcher.com/」をチェック!